夜の追い込み漁体験

4月19日

 

4月19日 夜の追い込み漁体験

久しぶりに夜の海が凪ぎ、月も出ていない絶好の「追い込み漁」体験日。

管理人の逸男おじが小舟に網を乗せ、浜辺から網を仕掛けて沖へと向かう。

真っ暗な海の中、ライトを、仕掛けた網の始発ポイントに置き次々に網を広げていく、

逸男おじの身につけたライトの明かりが、ぼんやりと沖へ沖へと進み薄暗くなっていく。

仕掛け終わったおじがライトを回し始める合図が、浜辺にいる我々の出番である。

今か今かと待っていると、沖のライトが回り始めた。「今だーー」

魚が網に向かって行くように、沖からはおじが長い竿で海面をたたき、浜辺からは

我々4人がライトを照らしたり小石を海に向かって投げたりと必死に追い込む。

肩が慣れてない男衆の石はなかなか遠くに飛ばないが、必死に投げる何度も投げる。

追い込む事30分位、沖からおじが網をたぐりよせて岸に向かって近づいてきた。

「あんまりいないなー」おじの手応えの無さそうな声が響いた。・・・・・・・・

その夜の収穫、中・小合わせて5匹。翌日の朝食には焼き魚で振る舞われた。「おいしかったー」

 

 

コメント:

メールアドレスが公開されることはありません